ページトップボタン

井之頭病院 看護部
メイン画像
  1. ホーム
  2. 当院について
  3. ご挨拶

院長挨拶

井之頭病院のホームページへようこそおいでくださいました。

私は、平成21年7月26日から院長になりました菊池 健(きくち けん)と申します。昭和60年に慶應義塾大学医学部を卒業、精神神経科学教室に入局しまして、昭和61年から井之頭病院に勤務いたしました。平成14年からは青梅慶友病院、よみうりランド慶友病院で老人医療、終末期医療に携わり、平成19年春に井之頭病院に戻って参りました。

現代はさまざまなストレスを抱えて生活していかなければならない時代です。眠れない、気分が憂うつだ、何をしても楽しくない、イライラしてしまう、周囲の人と上手く付き合えない、お酒を飲みすぎてしまう、友達ができない、過食が止まらない、老後の心配など、みなさんの心の悩み、問題、重荷を少しでも軽くするお手伝いをいたします。まずはお気軽に受診してみてください。スタッフ一同お待ちしています。

おかげ様で昨年度は1年間に約1000名もの多くのかたに入院治療を利用していただきました。入院治療では、チーム医療といって、医師の他に看護師、精神保健福祉士、薬剤師、作業療法士、栄養士等多くのスタッフがチームを組んで治療にあたります。

また外来通院治療では、デイケアやデイナイトケア、訪問看護などの利用についてもご相談に応じています。

利用者のみなさんにより良い精神科医療看護サービスが提供できるように、スタッフ一同日々研修に励んでいます。井之頭病院はアットホームな雰囲気の病院です。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 : 菊池 健

理念

井之頭病院職員は「患者様の権利尊重」を理念とし、基本方針に基づいたサービスを提供いたします。

基本方針

  1. 人権を尊重した医療の提供
  2. 誠心、誠意、誠実をこめた奉仕
  3. 社会復帰促進とノーマライゼーションへの援助

井之頭病院の患者権利章典

患者様は、人間としての尊厳を有しながらより良い医療を受ける権利を持っています。また、医療は、患者様と医療提供者とが互いの信頼に基づき、協働して作り上げていくものであり、患者様に主体的に参加して頂くことが必要です。 患者様の心の健康を守ることを使命とする井之頭病院は、このような考え方に基づき、ここに「患者権利章典」を制定します。

井之頭病院は、この「患者権利章典」を守り、患者様の医療に対する主体的な参加を支援していきます。

  1. だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を受ける権利があります。
  2. だれでもが、一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互関係のもとで医療を受ける権利があります。
  3. 病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な説明と情報を受け取る権利があります。
  4. 当院では精神保健福祉法に基づいた医療を提供します。そのなかで十分な説明と情報提供を受けた上で、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  5. 診療情報を受ける権利があります。
  6. 診療過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活を可能な限り他人にさらされず、乱されない権利があります。
  7. 研究途上にある医療に関し、目的や危険性などについて十分な情報提供を受けた上で、その医療を受けるかどうかを決める権利と、なんらの不利益を受けることなくいつでもその医療を拒否する権利があります。
  8. 良質な医療を実現するためには、医師をはじめとする医療提供者に対し、患者様自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。
  9. 納得できる医療を受けるために、医療機関に関する説明を受けてもよく理解できなかったことについて、十分理解できるまで質問する責務があります。
  10. すべての患者様が適切な医療を受けられるようにするために、患者様には、他の患者様の治療、健康や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。

平成15年9月1日作成

井之頭病院倫理規定

  1. 井之頭病院職員は、対象となる人々の基本的人権を尊重し、個人の尊厳と権利を擁護する。
  2. 井之頭病院職員は、対象となる人々が説明と同意に基づき、治療へ参画できるよう努める。
  3. 井之頭病院職員は、治療過程において隔離等の行動制限が必要な場合に、それを最小限にとどめるよう努める。
  4. 井之頭病院職員は、職務上知り得た秘密を守り、プライバシーを保護する。情報提供者と共有する場合、適切な判断のもとで対応するよう努める。
  5. 井之頭病院職員は、専門職業人としての質の高い医療を提供するために継続して学習に努める。
  6. 井之頭病院職員は、より有効な医療実践を探求するため研究に努める。
  7. 井之頭病院職員は、家族や他の専門職との連携を図り、対象となる人々がその人らしく生活できるよう努める。
  8. 井之頭病院職員は、専門的知識と技術をもって、社会の信頼と期待に応えられるよう努める。
  9. 井之頭病院職員は、地域社会のノーマライゼーションの観点から、精神保健福祉の普及に努める。

平成15年9月1日作成